コラム

column

無電柱化事業を支えるプロフェッショナルの日々

こんにちは!株式会社太陽美建です。
群馬県前橋市を拠点に、全国のお客様に造園土木工事をはじめとする幅広い建設業のサービスをご提供しております。
本記事では、無電柱化事業における弊社の業務の流れやその魅力、さらにこの事業に携わることの意義や成長の喜びについてお話します。

無電柱化事業における仕事の流れとその魅力

指を立てる男性
無電柱化事業とは、電柱や電線、通信ケーブルなどの地上にある設備を地中に埋設する工事のことです。
景観の美しさはもちろん、災害時の安全性を高める重要な役割を担っています。
弊社では、この無電柱化の工事について、計画立案から完成に至るまで一貫した流れで作業を行います。
プロジェクトの初期段階で各地方自治体や地域住民と連携を図り、現地調査を徹底してから施工計画を策定。
この段階で、お客様からのご希望や予算、既存の環境への影響を十分に考慮し、施工方法や期間、費用の見積もりをお客様に提供します。
次に、設計に基づいた工事の実施に移ります。
弊社では作業員の安全教育を徹底し、現地環境に配慮した最新の技術と設備を駆使することで、効率よく作業を進めてまいりました。
また、工事中のトラブルにも迅速に対応し、お客様への進捗報告を欠かしません。
無電柱化事業は、単に技術的な側面のみならず、コミュニケーション能力や問題解決能力も要求されるため、仕事を通じて多くのスキルを磨くことができるという魅力があります。
電柱がなくなり、街並みが美しく生まれ変わる瞬間を目の当たりにできる喜びも、この仕事に携わる大きな魅力の一つです。

全国でニーズ増大!無電柱化事業に携わる意義

全国各地で需要が高まっている無電柱化事業。
それは、災害に対する備えとして、また観光地域などでの景観維持や改善という観点から、多くの自治体や企業、地域住民からの強い関心が寄せられているためです。
特に近年、台風や地震などの自然災害の多発に伴い、安全で信頼できる都市インフラの構築が喫緊の課題とされております。
無電柱化を実現することで、風による電線の断線リスクの低減や、地震による電柱の倒壊リスクを減らすことができます。
それにより、万が一のときの市民の安全を守れるのです。
また、電柱と電線がなくなることによって、街がすっきりと整い、美しい街並みが生まれることは、観光振興にもつながります。
無電柱化が進めば、歩道の拡幅や緑地の確保など、より居心地の良い環境が実現し、地域経済の活性化にも寄与することが期待されます。
このような社会貢献の側面からも、無電柱化事業に携わる者としての責任と誇りを強く感じることができる仕事であります。
弊社はこれからも、美しい日本を作り上げていくために、無電柱化のプロとして、社会に貢献していきます。

太陽美建における無電柱化事業で成長する喜び

弊社では、造園土木工事と並び無電柱化事業に特化した専門チームを持ち、25歳から70歳までの幅広い年齢層のスタッフが在籍しています。
未経験者への研修制度も充実しており、資格取得支援制度や独立支援制度など、従業員の成長を後押しする各種制度を設けています。
新しい技術や知識を学びながら、同世代はもちろん、異なる世代のスタッフと協力し合いながら仕事を進める環境は、各々の成長につながるだけでなく、チームとしての結束を深める効果もあるでしょう。
実際に手を動かしながら工事を進めることで得られる経験は、補えない価値があり、この職人の道を一生の仕事として選ぶことも十分に可能です。
毎日の仕事の中で成長を実感できる喜び、そして、街の景観を変え、人々の安全に貢献する社会的意義は、太陽美建が無電柱化事業に注力する理由です。
私たちは、より良い社会環境を創造することへの誇りと、そこで働くスタッフが技術者として、また人間として成長していくための熱意を持って、日々の業務に取り組んでいます。

新たなプロジェクトに挑む仲間を募集します!

求人
造園土木工事と無電柱化事業を支える弊社において、新しい風となってくれる仲間を募集中です!若手からシニアまで、幅広い年代が活躍している弊社で、あなたも自身の可能性を試し、多くのことを学び取ってみませんか?
貴重な経験を積み、技術と人間力を磨きながら、美しい街づくりに貢献する仕事をしましょう。
自分の成長も、社会への貢献も、弊社で実感することができます。
ぜひ求人応募フォームから詳細をご覧いただき、ご応募ください。

事業提携をお考えの協力会社様へ

また、現在協力会社となっていただける企業様からのご連絡をお待ちしております。
弊社との事業提携をお考えの協力会社様がいらっしゃいましたら、ぜひお話を伺いたいと思います。
弊社とともに事業のさらなる発展を目指していきませんか。
ご興味のある方は、専用フォームからご連絡ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。